東日本大震災救援支援活動団体 Smile-seed




こちらはスマイルシードの過去の活動報告ページです。最新情報はウェブサイトまたは公式Facebookページをご覧ください。

11月23日 石巻市河北総合センター『安らぎの室内楽コンサート』

主催
 河北小中学校父母教師連絡協議会

協賛
 河北地区各校単P父母教師会   
 各地区青少年健全育成会

協力
 一般社団法人 プロジェクト結コンソーシアム
 NPO法人 スマイルシード

出演者
 チェロ、ルドヴィート・カンタ氏(アンサンブル金沢、首席チェロ奏者)。ヴァイオリン、ヘンリ・タタル氏。仙台フィルハーモニー管弦団 仙台在住。ピアノ、木下順子氏。タタル氏の奥様夫婦デュオで活躍中。

 スロヴァキアの大使からも暖かいメッセージを頂くほどの、素晴らしい音楽家であり芸術家でもある、何時も明るく大らかで素敵なカンタさん。
 今回も、お忙しい中、心良く了解下さいました。奥様と愛娘のhana チャンも一緒に遥々、金沢からお越し下さいました。
 『私に出来る事は、これしかありません、kimotoさん又呼んでくれてありがとう。何時でも来ますよ。』ておっしやる、カンタファミリーは本当に気さくで、暖かい家族です。
感謝の思いで演奏前にもかかわらず、リハーサルで胸が熱くなるのでした。


 お二人も友情出演を心良く承諾して下さいました。タタラ氏は『こちらこそ、感謝でいっぱい!これからもお手伝いさせて下さい』と言って下さいました。奥様も素敵な方。



 先ずは、大川小学校へお参りに。。。皆で手を合わせ今日の演奏会の報告。
前回、いらして下さった時は何処も悲惨で瓦礫の山でしたが。。。あまりの悲惨さに涙をこぼされていました。

 誰もいない会場に響く音魂はまるで、目には見えない何かまで癒していくようでした。

一番最初に癒されたのは 私のようです。

 本番は黙とうから始まり厳粛に演奏会は始まりました。
 カンタさんのソロ・JSバッハの無伴奏チェロ組曲第2番より『サラバンド』
サン=サーンス 白鳥
ドビュッシー 月の光
日本の曲 荒城の月、ころり転げた木の根っこ、小さい秋見つけた。

ジョップリン ラグタイム
タタラさんのオークも好調で笑いも入る演奏会。
クライスラー 愛の喜び、愛の悲しみ
奥様の助けを」借りながら。
ショパン ノクターン遺作 
サン=サーンス 助奏とロンドカプリチオーソ

休憩をはさんで。。。
ベートーヴェン ピアノ三重奏第4番『街の歌』より第2楽章
メンデルスゾーン ピアノ三重奏第2番より第2楽章
映画『Love in the Afternoon』より『魅惑のワルツ』
ピアソラ リベルタンゴ
アンコールをいただき
モンティ チャルダーシュ
最後は会場の皆さんと一緒に『ふるさと』を大合唱。。。感動。
河北の子供達から花束
演奏を終えて楽屋裏
東京から急遽駆けつけて下さった馳浩代議士も金沢の誇りだと大変、喜んで下さいました。
PTA会長さんと飯野川第二小学校の成毛校長さん



 素晴らしい演奏会に心から喜んで頂けたようでした。
 何時の日か、この演奏会が本当に素晴らしい演奏会だった事を再確認いただける事でしょう。

 全てが奇跡的、感謝でいっぱい。ありがとうございました。
 最後の最後まで別れを惜しむように、写真撮影に盛り上がるのでした。
 皆様が少しでも、心安らぎおだやかな時間を過ごしていただけましたなら、私達も幸せです。
 皆さんに心から感謝もうしあげます。ありがとうございました。
 全国から届いたスマイルシードレターメッセージ250枚は『やすらぎのコンサート』にいらした、皆様に種を付けて、お渡しいたしました。
 北海道、広島、福岡、石巻、丸森から暖かいメッセージを頂きました。皆様ありがとうございました。
活動報告>>>014


Copyright (C) Smile Seed Japan 2018. All rights reserved.