東日本大震災救援支援活動団体 Smile-seed




こちらはスマイルシードの過去の活動報告ページです。最新情報はウェブサイトまたは公式Facebookページをご覧ください。

5/2 奥松島宮戸島:視察


*環境保護指定区域の森
 津波による被害、島全体が1m20cmも地盤が下がり、1000人いた島の人は約500名に.......
鳴瀬奥松島インターから10分程にあるにも関わらず、支援と復旧は何処よりも遅れ、今だ瓦礫や車が転がっていました。

 東松島市役所の友人から、是非、「木を植えてくれないか?」という依頼......先ずは現場を施設した所、奥松島観光ボランティアの会の地元の木島サンが案内をして下さいました。
 木島さん自信も被災され、現在は塩竈から40分かけてここに来て木を植えたが次々に枯れてしまう、高齢化と島民が少なくなってしまった現実は島を愛する木島さんにとってとても辛い事だと感じました。
美しい宮戸島の玄関口がこのままでは、いつまでたっても復興には遠い道のり.........

【私達に出来る事】
 短期では出来ない長期支援、観光復興へ........
 木を植える前に、この地域に根ざした森づくりと土づくり....先ず、ここの地生している木々や植物のリストアップ.をお願いしましたが資料が流されてしまった事から、新ためて木島さんに調べて頂く事になりました。

 次々と課題はいっぱい!

 OPEN JAPANの代表、吉村氏(助さん)とともに先ずは、重機でコンクリートの用に固くなった土起こしと瓦礫の処理を........
 Gakubo隊の責任者:黒澤氏も助っ人に加わって下さり、とにかく日程調整開始!
 木島さんたち地元の方とプロジェクト開始! 
雨が降ると陥没する遊歩道,泥とゴミが沈んでいます。前は菖蒲や蓮池があったそうです。
池と道路の差はわずか.............
奥には大浜....美しい浜
住民は集団移転地域...もう誰も住んでいません

この宮戸島は奥松島と言われ過去には世界遺産認定を受ける地域となったそうですが、それ以上に昔から環境指定地区、環境保護地域と住民には縛りが多く大反対の結果、世界遺産にはならなかったそうです。宮城の人なら誰でも1度は来た事がある素晴らしい所です。
震災でお亡くなりになった方は1人も無く、報道もされ無かった事、松島が大丈夫だった事から増々後回しになってしまったのでしょう。
しかし、多くの自然を愛する方達が定期的に浜の清掃を続けていたのでしょう今日はとても綺麗でした。
ここには来んな美しい花もたくさんあります。


スマイルシードのHPには、出来るだけ瓦礫や悲惨な写真を載せる事は控えます事をお許し下さい。
活動報告>>>037
>>>戻る


Copyright (C) Smile Seed Japan 2018. All rights reserved.