東日本大震災救援支援活動団体 Smile-seed




こちらはスマイルシードの過去の活動報告ページです。最新情報はウェブサイトまたは公式Facebookページをご覧ください。

7/24(火)ストックホルムから視察

 今回、ストックホルム絆の阿久津様がストックホルムでのワークショップ開催時の皆様からの募金5万円を持って石巻に来て頂きました。
仙台出身のAKIKOちゃん達が、日本の文化をワークショップ開催しながらストックホルムの皆様から頂いた募金です。
 大切に活動資金として使わせて頂きます。ありがとうございます。

 代表で現地とスマイルシードの活動を直接視察して下さいました。
阿久根様は学校の教員もされ、ご主人はフィンランド人の教職者(フィンランドでは教員資格を取る為に10年もかかるそうです)世界でもトップの教育。
 スエーデンにおいては、素晴らしい教育をされている國といゆ印象でしたが、やっぱりそうでした!
その上がフィンランドだそうです。
 野外学習や感性を磨く為の学習は國をあげて取り組まれています。

 今回、新しくスマイルシードメンバーとして活動協力頂く、名古屋から石巻に移住してこられた後藤夫妻。
 石巻市出身の高橋くん門脇小学校の目の前が実家、(3.11の祭、お母さんと命からがら日和山に登り助かった)その場所はもう何も無い更地です。

 多くの人がトラウマとして心に刻み込まれた体験は、そう簡単に消せる事は出来ないのですが、
スマイルシードの活動に参加して下さる事は立ち上がろうする人々の勇気と希望になる事を信じ願っています。

仙台〜東松島市宮戸島〜大曲〜門脇小学校跡〜女川町〜雄勝〜大川小学校跡

宮戸島:皆で乾いた花壇に水やり
 泥だらけになったシューズはカナダから震災後Gkuvo隊で活動しているHanaちゃんの活動の証.....
経験してしまった事実と現実を伝え、みて頂く事は私達にとっても、今後の皆様にとっても必要な事だと考えています。私達は何時でも、皆様をお待ちしています。
 スマイルシードのHPには、出来るだけ悲惨な写真、悲しい写真はアップしない事をお許し下さい。
 震災が残した物は、瓦礫だけだは無い事を信じて活動して参ります。
 【笑顔の種をまこう.....】を合い言葉に
活動報告>>>062
>>>戻る


Copyright (C) Smile Seed Japan 2018. All rights reserved.