東日本大震災救援支援活動団体 Smile-seed




こちらはスマイルシードの過去の活動報告ページです。最新情報はウェブサイトまたは公式Facebookページをご覧ください。

4月28日〜、色々な方々に出会いボランティア活動にも変化が。

 蛇田中学校体育館へ前に物資を運んだのでOK!夕食後の時間で、皆さんに弾き語りライブ!

 ここでも笑顔炸裂!私たちにお礼のポップコーン!もちろん最高のパフォーマンスをしてくれた、兄弟のものに。二時間はあっというまでした。皆さんありがとうございます。

4月30日
  今度は、急遽海外から帰国して被災地でライブをと。場所お願いします。って、陸君ほんと〜?
 女川町立病院にてAKIRAライブ。
 チャンピョンの佐々木基樹選手までついてきました。

AKIRAさんてすご〜〜い!!  常備の「おいなりさん」と「おにぎり」を皆さんに。

 津波の体験で心が固くなった千紘ちゃんの為に、『雲の上は、いつも晴れ』を歌ってくれ彼女は、あの日からやっと1日が経ちましたと泣きながら津波の体験を自ら話したのでした。
 その後も彼女もボランティア活動に参加しています。

 心に染み入る本物のミュージシャンAKIRAさんとの出会い。
 89歳のおばあちゃんが「ありがとう!ありがとう!」って何度も泣いて言って下さいました。息子さんとお孫さんを亡くされたそうです。
 踊りだすゲン君に会わせて楽器をならすおばあさん達。
 先生達も、皆泣いていました。素晴らしい人との出会い!

 
 女川体育館避難所2ステージ目。
 ここでは、子供達とのセッション素晴らしい。おばさんたちも、若者も泣き笑い〜感動!
彼女はパーカションの天才!!
 楽器の回りに子供達が集まり演奏に参加!
それはそれは上手くて、楽しくて最高のセッションとなりました。
 彼は4つの楽器を合わせる天才!良い顔してる!

名古屋から来たサダム君もオリジナル曲を歌って下さいました。
 飛び入り参加の沖縄からきたミュージシャン。
子供達がAKIRAさんの似顔絵を描いてくれました。
 感動と感謝の一日でした!!!ありがとうみなさん!

 4月はこんな感じで毎日があっと言う間でした。
 県外から来ているボランティアとも顔見知りとなり、イベントしたいんだけど場所が入れないんです〜〜と相談を受けるようになる。OK 〜!聞いてみるね!
次のレポートへ >>>report007
戻る


Copyright (C) Smile Seed Japan 2018. All rights reserved.