東日本大震災救援支援活動団体 Smile-seed




こちらはスマイルシードの過去の活動報告ページです。最新情報はウェブサイトまたは公式Facebookページをご覧ください。

5月2日、20年来の友人である、現在石川県選出の馳浩代議士とともに、学校視察コーディネート。

馳浩代議士被災地入り。私(黄本代表)の母校に行く前に日和山の景色に言葉を失う。










 東京シューレの皆さん偶然の出会いにご紹介いただく。感謝!
 蛇田中学校の校長先生、教頭先生。
 貞山小学校、斉藤校長よりお話を伺いました。
 次に向かった先は石巻中学校。
 石巻中学校、境校長よりじっくりお話を伺うことができました。

 女川教育委員長さんや、女川第二小学校の阿部教頭先生のお話を伺うことができました。
 もう18時が過ぎていましたが、倉庫担当のピースボートの玉ちゃん達が待っていてくれました。
 車2台分の支援物資(土のう袋1600枚、お椀2000個、子供用付録付き雑誌、オモチャ,等)ありがとうございました。
 19時のミーティングに参加して仙台には21時30分過ぎていました。
 皆さん朝早くから本当にご苦労様でした。
 私の願いを叶えてくれた馳代議士、心から感謝申し上げます。
 是非、馳浩スケジュールブログをご覧ください!詳しく載ってます。


5月4日
 三菱商事パッケージングの上田様より
 スプーン3000本、フォーク3000本ご支援いただ来ました。
 いつも、笑顔の玉ちゃんとりんちゃんが、手伝ってくれました。
 その後、りんちゃんと、炊き出しのお手伝い。長蛇の列!!

みんなさん、お疲れさま〜〜ありがとう!



5月6日
 みずほ幼稚園でのイベント打ち合わせ。
 協賛してくださったのは、東京仏教界の若き、園長先生達!(お坊さん)です。


5月9日
 全国から届いたミネラルウォーターをまずは「みずほ幼稚園」の子供達へ。
 一人2本までしか買えない時期に友人達は並んで購入してくれたのです。
 享子ちゃん、戸丸さん、句実子ちゃん!ありがとう!!!

次は牡鹿へ
5月に入ってボランティアさんが激減、未だ瓦礫の山。とんでもない悪臭と、カラスの鳴き声!

牡鹿公民館1階は臨時の遺体安置となっていました。

ボランティアの遠藤君にミネラルウォーター、30ケース、食料。


 得意のおにぎり!喜んでくれました!
 牡鹿支所の木村さんとも、今後何が必要かお聞きして牡鹿をあとにしました。
 (防塵用マスク、鉄板ソール、長靴、野菜、すぐ食べられる物、そして人材)




 この時、満潮になると容赦なく冠水、早く帰らないと!


5月11日
 3度目のパンク!

5月13日
 山形へ打ち合わせと、お葬式に参列
次のレポートへ >>>report008
戻る


Copyright (C) Smile Seed Japan 2018. All rights reserved.