東日本大震災救援支援活動団体 Smile-seed




こちらはスマイルシードの過去の活動報告ページです。最新情報はウェブサイトまたは公式Facebookページをご覧ください。

6月7日ドラムカフェ2日目。

6月7日、午前の部は4年生達と。
かなり元気な渡波小の子供達。
始まる前から太鼓たたくし!
あまりの勢いに貞山チームは。
オリジナルな踊りまで。
先生も負けずに踊りだす。
とにかく自由で元気!最強!
やっぱり、最後は種付きsmileseed
ちゃーんと、「ありがとう」と言える子供達でした。





3月15日に行った時、貞山小学校は泥の海と化し、車とゴミが散乱し、1メートルの津波に避難所であるはずが、人気もなく、混沌としていたとは思えない程、校庭は綺麗で、子供達の元気な声が響いてました。まるで何もなかったかのように。
 その時、私の脳裏に浮かんだ事は、学校が、無くなってしまった子供達のことでした。貞山に来ている渡波小や湊小の子供達に何かできないかと・・・とにかく、先生方に事情を聞くのが一番と早速聞きに行ったのでした。
 すると、子供達の中で水筒がな無い子がいる事を知り、調べていただくことにして、後日プレゼントさせていただく事になったのでした。
 数日後、300名中約100名が無く、特にその子供達は避難所からバスでの通学と聞きました。
 女川第二小学校でのイベントの時もそうでしたが、現場でその時々の様子や計画を聞く事で、物資のダブリや、タイムロスをはぶける事は、私自身の活動において無駄が無く、確実に喜んでいたける最前の方法でした。さぁ〜〜水筒で頭がいっぱい。
まずは先生がはじけました!
このクラスは、ちょっと控えめかな?
人数が一番多かったけど、しっかり、正確音を叩いてました。
5年生と2年生とても、ちゃんとしてました!笑

 二日目も無事終了。ドラムカフェの皆さんお疲れ様でした。ありがとうございます。
 なななんあ〜と!昨日も今日もお昼にお弁当を用意していただき、本当に校長先生、先生方ありがとうございます。
 しかも、トンカツ!被災地なのに〜感謝でいただきました。


6月8日、3日目、最終日。午前の部は2年生、3年生。
 なんとな〜くまとまりがあります。



音はバラバラ
打楽器の力もおそるべし!


はい!ラブ チューニュウ!

やはり、最後はsmileseed



 昼休みに、またもサプライズ!音楽主任の西巻先生が、子供達のお礼の手紙をたくさん持って来てくださいました。
 しかも、各学年全員の。子供達が自由に書いてくれたそうです。感激〜〜〜

ひまわりの種のお礼まで。


絵まで書いてくれて。

レインボウカラーで。
またまた虹色。

 このサプライには、スタッフ皆でうるうる感動 元気をいただきました。
 先生いわく、本当に書かせたのではないので、先生もビックリだそうです。ありがとうございます。
 そして、もう一つのサプライズは・・・


 彼ら二人が、態度悪くしてすみませんでした。謝りに来てくれました。
 あんまり、のれなかったそうです。
 ならば、もう一回やったら〜!先生びっく!良いですか〜?良いですよ〜!
なんと!貞山の6年生全員が来てくれました1年生も嬉しそう!

二度目とあって、かなり余裕の6年生
先生も。。。笑
1年生と6年生のコラボは最高でした!
smileseed

 彼ら二人のおかげで、最後に最高のイベントとなった事は間違いなく、本当にありがとうございました。受け入れてくださった、斉藤校長先生初め、先生方のご理解とご協力あっての開催イベント、感謝でいっぱいです。
 お弁当まで用意していただいて、ごちそう様でした。
 皆さんから、いただいたお手紙はドラムカフェのみなさんにお渡しいたしました。
 3年生の一部のお手紙はスマイルシードの宝物にさせていただきます。
 ありがとうみんな!又会いましょう!!!
次のレポートへ >>>report013 戻る


Copyright (C) Smile Seed Japan 2018. All rights reserved.