東日本大震災救援支援活動団体 Smile-seed




こちらはスマイルシードの過去の活動報告ページです。最新情報はウェブサイトまたは公式Facebookページをご覧ください。

7月30日〜

間もなく川開き、灯籠流し。

波の感触をはかる、とーる君。カッコイイですね〜
対岸では、石巻の住民の方達が続々と集まって来ています。
カヌー隊の方も準備OK!
どんどん運ぶ

だいぶ、あたりも暗くなってきました。
寒さもピークで踊りだす千紘!
祈り始める人も・・・・

皆で黙祷を捧げ、灯籠をおかせていただきました
最後の船に私たちスマイルシードのメンバーだけ乗せていただきました。
本当に素晴しい光景に皆、感動の涙。
何かホットしたのか、笑顔がこぼれました。


皆様のお陰です。総勢、ボランティア360名  ご苦労様でした。
 船頭さん、スタッフのみなさんありがとうございました。この時、私が感じたのは寒くて寒くて体が固くなっていたのが、灯籠流しを皆でみている、瞬間的にふぁ〜と暖かくなったのです。船から降りて、みんな、それぞれ、何かを感じたようです。
 きっと、亡くなられた多くの方が許してくれたのではないか、救われたのではないかと、思ったのは私だけではないようでした。

 子供の頃、親戚の友福旅館の屋上から花火を見て、お船の上ではスイカやとうもろこし、かき氷を食べて、舌を真っ赤に染めた頃を思い出しました。
 わがままだった私をかわいがってくれた、友福の叔母さんも7月に亡くなり、ビルはもう見る影も無く、二度とあの頃には戻らないことをあらためて思うと、夢を見ているような感じとしか表現できません。近くで料亭をしていた親戚のビルも、再開の目処は立っていないようです。

 石巻で生まれ15歳までこの街で育った私は親戚も友人も多いこの街に、今後どのようにして恩返しができるのか、日々できることを一生懸命、学びを忘れること無く、笑顔で努力していけるよう、川開きに新たに決意いたしました。

 全国から集まってくれた、ボランティアのみなさんには、感謝の気持ちでいっぱいです。
 これからも、どうか力を貸してください。
 いつでも、スマイルシードに連絡ください。待ってま〜す。

次のレポートへ >>>report023



Copyright (C) Smile Seed Japan 2018. All rights reserved.